アレルギー症状に悩む男性のイラスト

アレルギーと言っても食物やペットなど様々な症状があります。当サイトではアレルギーの中でも日本人に多い花粉症を中心にご紹介いたします。花粉症の時期になると辛い症状にお悩みの方にお役だしする情報を随時ご紹介いたしますのでご覧ください。

食後にのどの不快感を感じたらアレルギーの可能性

食後に、なんだかのどに痒みやイガイガ、不快感を感じるという場合は、口腔アレルギー症候群を発症している可能性があります。アレルギーにはくしゃみや鼻水、蕁麻疹、ぜんそく等様々な症状があります。中でも、唇や口の中、のどに症状が現れるものが口腔アレルギーです。主に、アレルゲンとなる食品を食べた後に起こります。
原因となる食品に多いのは、生の野菜や果物、ナッツ類などがあります。元々花粉症を患っている人は特に、アレルゲンとなる花粉とタンパク質が似ている食品に対して、症状が起きる可能性が高くなります。
食後にアレルギーの症状が現れる場合は、なるべく早くアレルゲンを探す事が先決です。病院で検査を受ける事で、アレルゲンの特定ができます。アレルギー科が一番適しているといえますが、どこにでもある訳ではありません。近くにアレルギー科がなければ、子どもの場合は小児科、大人の場合は内科を受診してみましょう。花粉症も発症しているという場合は、花粉症が原因で食品にも症状が出ている可能性があるので、耳鼻科でも構いません。
アレルゲンを特定できたら、その食品を避ける事が重要です。生の野菜や果物は、加熱する事で食べる事ができる場合がありますが、一度医師と相談してみましょう。また、薬によって症状を和らげる事ができる場合もあります。同時に、花粉症の症状を抑えられる可能性もあります。乳児期に発症したアレルギーは、適切な治療を続けていけば、成長と共に完治できます。
アレルギーの症状は、はじめは食後ののどの不快感だけだったとしても、どんどん重症化してしまう恐れがあります。症状をそのままにせず、なるべく早く医師に相談するようにしましょう。