アレルギー症状に悩む男性のイラスト

アレルギーと言っても食物やペットなど様々な症状があります。当サイトではアレルギーの中でも日本人に多い花粉症を中心にご紹介いたします。花粉症の時期になると辛い症状にお悩みの方にお役だしする情報を随時ご紹介いたしますのでご覧ください。

毒物によるアレルギーと山芋アレルギー

アレルギーは基本的には人間の免疫機能が原因物質に過剰に反応することで起きるのですが、毒物に反応してアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、何度もスズメバチなどに刺されていると、最初は免疫機能があまり反応していなくても2回めに刺された場合にはスズメバチの毒に過剰に反応してしまって、アナフィラキシーショックを起こしてしまうので注意が必要で、アレルギーの症状が重い場合には医療機関で直前の食事や毒性のある虫などに刺されていないかなどを医師に伝えなければなりません。アレルギーは体の正常な免疫反応が急に過剰に反応するようになることで起きる反応なので、山芋アレルギーなどの場合は普通の人は少しかゆくなる程度ですが、手が赤く腫れてしまう人はアレルギー反応が強く出ているので、何度も繰り返していると山芋アレルギーになる可能性があるので、注意をしなければなりません。山芋アレルギーの人は山芋の皮の部分に反応している場合が多いので、皮をむいてしまうと食べられる場合があります。また山芋を向くときに手が赤く腫れてしまう場合には酢を手の表面につけることで山芋の皮に反応しなくなるので、毎回症状がひどくなる場合には酸性の液体を手につけて作業をすると痒みを感じることなく作業ができます。本当に山芋アレルギーになっている場合には食べることで口の中が痒くなるだけでなく、蕁麻疹や下痢などが起きるのが一般的なので、これらの症状が起きた場合にはアレルギー剤を投与して、食べてしまった山芋を体外に排出する必要があります。一般的には山芋の皮をむくときに手が赤くなるのは通常の反応なので全てがアレルギー反応ではないので、パッチテストで原因物質を特定する必要があります。