アレルギー症状に悩む男性のイラスト

アレルギーと言っても食物やペットなど様々な症状があります。当サイトではアレルギーの中でも日本人に多い花粉症を中心にご紹介いたします。花粉症の時期になると辛い症状にお悩みの方にお役だしする情報を随時ご紹介いたしますのでご覧ください。

ヘナでアレルギーでる可能性あるがルリコンは不使用

ヘナは、化学染料の入った市販の白髪染めにアレルギー反応がでる場合に使用できる数少ない天然染料です。
ヘナの白髪染めは、酸化染料を使った白髪染めと異なり地肌や髪の毛を傷める心配はありません。
安全で安心して使用できるヘナですが、植物アレルギーがあるようにヘナに対してアレルギー反応を起こす可能性は考えられることです。ヘナが100%の場合、市販されている白髪染めと比較すると比較的アレルギーは起こりにくいですが、ヘナには問題はなくても、色の調整のために配合されるインディゴなどの他のハーブ類に反応する場合があります。
また、市販されているヘナの中でも化学染料が配合されているものもあるのです。市販されているものを使用する場合は、アレルギー反応がでないかパッチテストで使用する前に確認することが良い方法です。パッチテストのやり方は、絆創膏に水で溶いたペーストにして塗り、二の腕の内側に貼って48時間おきます。その部分がかぶれた場合は使用は控えます。
体調によってもアレルギー反応がでる場合があるため、体調が良好な時にパッチテストは行ないます。
アレルギー反応が出て、かゆみなどがでてもルリコンは用途が異なるため使用しません。
ルリコンは真菌の増殖を抑える塗り薬です。ルリコンは白癬菌の感染でおこる水虫、たむし、脂漏性皮膚炎の感染でおこる指間びらん症などの治療に使用します。
ルリコンは1日1~3回程度使用し、患部を洗って乾いてから塗ります。使い過ぎると副作用がおこりやすくなるため、1日の使用回数などは医師の指示に従います。また、医師からの指示がない限り包帯などは悪化する原因となるため使用しません。
ヘナなど自然派の白髪染めもアレルギーがでる可能性はあります。かゆみなどがでた場合は自己判断せず、皮膚科などを受診することが良い選択です。