アレルギー症状に悩む男性のイラスト

アレルギーと言っても食物やペットなど様々な症状があります。当サイトではアレルギーの中でも日本人に多い花粉症を中心にご紹介いたします。花粉症の時期になると辛い症状にお悩みの方にお役だしする情報を随時ご紹介いたしますのでご覧ください。

アレルギー反応が起きる割合と内蔵に対するダメージ

アレルギー反応が起きる小学生の割合は5%程度になっていて、10年前の調査よりも2倍以上増えていて、食事が乳製品などを中心とした洋食などに偏りがちなことが原因とされていますが、アレルギーの割合が増えた要因としては子どもたちの運動不足などによって、免疫機能が正常に働かなくなったために増えている可能性もあります。アレルギー反応は個人差があるので喘息が起きる場合や蕁麻疹が出来ることもありますが、どちらの場合も免疫機能が過剰に反応しているので、生活習慣を改善することでアレルギー反応が起きにくくなります。アレルギー体質の児童の割合が増えることで給食などのメニューを作るのも難しくなることが予想されていて、将来的には体質に問題のある生徒に関しては給食を中止して、手作りの弁当を食べるという選択肢もあります。アレルギーが内蔵に及ぼすダメージとしては下痢が一番多いとされているのですが、胃痛や胸焼けが起きることがあります。内蔵に対するダメージが一番大きいのがアナフィラキシーショックで、この場合には内蔵全体に炎症反応が起きることで多臓器不全などを起こしてしまうので、命を落とす可能性もあります。欧米などでは日本よりも早い時期からアレルギーに関する調査が進められていますが、日本では体質を改善することで症状が出にくくなるという考え方が多かったので、薬によるアレルギー治療や吸入薬による喘息治療が一般的に普及し始めたのは20年程度前からです。特定の食物に過剰に反応してしまう人はその食品が含まれているものを食べることができませんが、震災などが起きた時に非常食などの準備が整っていない可能性があるので、自分の体質に合わせた食品を避難グッズとして整理することが大切です。